コウモリの生態と習性|コウモリ駆除・被害でお困りなら福島県対応のコウモリ駆除ザウルス福島版

MENU
駆除のご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-6494-01 年中無休・24時間受付中! メールでのご相談・お問い合わせはこちら

コウモリの生態と習性

コウモリの生態・特徴

生態・特徴

コウモリ
コウモリの生態
  • アブラコウモリは、翼手目ヒナコウモリ科の動物で、北海道を除いた日本列島ほぼ全域に生息。
  • 大きさは、約4~6cm、翼長は18~24cm 体重は約5~10g
  • 黒みがかった茶色や、暗い灰色(ダークグレー)の体毛を持つ。
  • 活動期間は9月~10月(秋)には交尾期7月~8月(夏)に繁殖期を迎えます。11月上旬(冬)~4月(春)まで冬眠期。
  • 雑食性で小型の昆虫類を主食とし、ウンカ、甲虫などを捕食する。
  • 年1回の出産で1~3匹を産む。

日本国内にて家に侵入するコウモリは、アブラコウモリがほとんどです。このコウモリはとても小型で、人間の指の先ほどのわずかな隙間から侵入します。コウモリというと洞窟や木などの上からぶら下がっている姿をイメージしがちですが、アブラコウモリはぶら下がる事はしません。一戸建てやアパート、マンションの瓦の隙間、屋根裏や戸袋の中などの隙間に入り込み、壁やわずかな隙間、断熱材の下などにへばり付いて寝ています。主に木造の建物のすき間を冬眠するためのねぐらにしているためイエコウモリと呼ばれるようになりました。

習性・行動

習性・行動
天井裏に侵入、営巣するコウモリ
  • 行動時間は、日没後で夜活動。
  • 都市近郊にも多く見られ、山間部など家屋のない森林内には生息しない。
  • 2cm弱ほどの隙間があれば侵入することができ、天井裏や戸袋などに住みつくことができる。
  • 家屋を隠れ家にし、外敵から身を守る。
  • 常に群れで行動する。

※コウモリは野生動物で、鳥獣保護法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)により保護されており、みだりに捕獲等を行うことができません。

スタッフブログ更新中

コウモリ駆除はコーテッツにおまかせください!

  • 駆除のご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-6494-01 年中無休・24時間受付中!
  • メールでのご相談・お問い合わせはこちら